SpeakLow

カテゴリ:Building( 18 )

nara18



これに勝るもの無し。

屋根の反りが本当美しい。力強い。

どっしりと。


c0172200_22231036.jpg

[PR]
by tomo_photolife | 2010-10-29 22:23 | Building

覚王山4


こんな家が、名古屋の町中にあるなんて・・・。


c0172200_2204235.jpg

[PR]
by tomo_photolife | 2010-09-20 22:01 | Building

日泰寺



試練の時!試練の時といえど・・。1ヶ月以上経つと、さすがに辛すぎる。

一生のうちで一番可愛い時期の息子と過ごさせてもらえない辛さ。

毎日、毎日、心にグサリ、グサリと傷が増える。

考え方の問題?何をそこまで嫌がらせを受けなければいけないのか?

非が有るのに、優位に立ったほうが正当か?

・・・。ゾッとする。

残すは、ただひたすらに神頼みしかないのか・・。

さすがに疲れて来た・・。今日この頃



c0172200_2239636.jpg

[PR]
by tomo_photolife | 2010-09-14 22:40 | Building

open house 4 END


家を作るとしたら、こんな小部屋がほしい・・。

もう無理かもしれませんが、諦めない事が肝心。いつの日かきっと。



人生、真面目にやって、常識、正当な事が通る事が少ない。

むしろ、正直物はバカを見る事の方が多くなった。

正直、何が良くて悪いのか、解らなくなった。

親は、子離れ、子は、親離れ。 辛い事だろうけど、しないといけないと思う。

春に生まれたツバメ、夏には、立派に巣立っていくのだから。


c0172200_22102745.jpg

[PR]
by tomo_photolife | 2010-08-14 22:13 | Building

open house 3



まだ、奥さんは帰って来ないのだけど。

今日、久しぶりに息子を抱っこすることが出来た。

何も知らずにニコニコしている顔を見て溢れ出る涙を抑えきれなかった・・。

一言では言えない深い問題でこのような事になっている。

毎日、平凡に過ごせることは、とても、とても幸せな事だなって。

結婚するのは、2人だけど、その周りや、その人の生い立ち、生活環境までもが複雑にぶつかる。

そこまで深く見るなんて、無理な話。

サジを投げ出す訳にはいかない。何が何でも、自分の息子を守らなければいけない。

今はそういう気持ち。


c0172200_22344289.jpg

[PR]
by tomo_photolife | 2010-08-13 22:36 | Building

open house 2



訳あって、一週間、生まれて間もないカワイイ息子と奥さんに会えてません。

自分の言った発言も良くなかったと後悔先にたたず。

家族の大切さ・・身にしみます。本当悲しい。

一週間前は楽しい毎日だったのに・・。息子の笑顔・・。

家で一人。明るい未来を信じて、僕は前に進む事しかないのです。


c0172200_22195161.jpg

[PR]
by tomo_photolife | 2010-08-10 22:28 | Building

open house 1

訳あって、建築家後藤耕太さんの設計した、オープンハウスへ参加しました。

いつかはマイホームと・・。以前いろいろ調べていると後藤さんのホームページを偶然発見。

施工例は、解放感がある。木の暖かみや、光の射し込み方。とてもすっきりと気持ちのよい線。

センスには人柄が出る。建物を見ていると、それが見えてきそう。

後藤さんは、話していても、建築家だと変に気取って無い所がまた良い気がする。


c0172200_026283.jpg

[PR]
by tomo_photolife | 2010-08-02 00:39 | Building

Past film

昔撮った写真、構図も何も意識せずに撮ったのだろうけど、

石畳に映える木の陰、路地に何気なく停めてある車。

よくよく見てると雰囲気がいい。

写真の手法を学ぶ事も大切だと思うけど、感じたままに撮れた写真は自然で、

気持ちがいい。初心に帰ろう・・・。


c0172200_061616.jpg

[PR]
by tomo_photolife | 2010-07-25 00:16 | Building

失礼な話もあるものだ

5月の2日、3日と、きそがわ日和にご来場された方ありがとうございました!

きそがわ日和

かなりの方が来場されたみたいで、僕も色々写真を撮らせてもらいました。

300枚以上かな・・。使えそうなのは、あまり無いけど。

写真撮りすぎてお腹いっぱい。

来年もあるといいなぁ??と期待しつつ。




話は少し変って、以前この『きそがわ日和』の告知と、『父の展覧会』の告知をしてて、

おそらく、勘違いをして、父の展覧会に行った人が『現代アートの展示会はどこですか?』と

訪ね、場所が違うと説明した所、『なぁんだ・・』と父の作品はまったく見向きもせずに帰っていったと・・。

見当違いで、興味が無かったにしろ、まったく失礼な人だと思った。

普通の絵画作品であっても、現代アートであっても、どんな作品を見たって礼儀は同じ。

何を見たって同じ事さ・・。


c0172200_11108.jpg

[PR]
by tomo_photolife | 2010-05-05 01:05 | Building

地下へと降りる階段



丁度1年前に、父から借りているフィルムカメラ Nikonのnikomat FTN撮った写真。

しばらく使っていなかったけど、久しぶりに現像。

デジタルカメラとは本当違った映り。ボケの感じとか全く違う、時代遅れのカメラだけど、味があっていい。

・・・。でも現像料はバカにならない・・。

いい道具とはそういう物さ。



c0172200_2241319.jpg

[PR]
by tomo_photolife | 2010-04-30 22:41 | Building