SpeakLow

<   2010年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

nara19



c0172200_2212311.jpg

[PR]
by tomo_photolife | 2010-10-31 22:02 | Travel

nara18



これに勝るもの無し。

屋根の反りが本当美しい。力強い。

どっしりと。


c0172200_22231036.jpg

[PR]
by tomo_photolife | 2010-10-29 22:23 | Building

nara17



c0172200_2120835.jpg

[PR]
by tomo_photolife | 2010-10-26 21:20 | Travel

nara16



夜遅くまでやっているカフェを発見。

ふらりと寄ってみると、ゲストハウスで見かけた女の子が一人、カウンターに座っていた。

『あれ?ゲストハウスに来てましたよね?』たわいもない会話。

彼女は大阪から一人旅だそうだ。歳は27歳だったけかな?

女の子が一人で旅するんだな〜って、思った。

僕ら30近いんですよ〜っと。オッサン2人・・・・??

あぁ歳とったなぁ。

翌朝、彼女は、同じゲストハウスに来ていた若い青年と散策に出かけていった。

あぁこういう出会いもあるのね・・。



c0172200_2335389.jpg

[PR]
by tomo_photolife | 2010-10-24 23:05 | Travel

nara15




c0172200_2057349.jpg

[PR]
by tomo_photolife | 2010-10-21 20:58 | Travel

nara14


食後は、奈良の街を、ぶらり、ふらりと夜の写真散歩。


c0172200_21571697.jpg

[PR]
by tomo_photolife | 2010-10-19 21:58 | Travel

nara13


隣で、友達が、『うわぁうまい!こんな味の染みたブリ大根はじめて食べた。』

このザザエも大きくてめちゃくちゃ美味しかった。

また、いつか来よう。



c0172200_2312926.jpg

[PR]
by tomo_photolife | 2010-10-18 23:01 | Travel

nara12




夜は、おばんざい。

酒が飲めるといいなと思えるシーンとは沢山出会う。

飲める人がうらやましい。

カウンターに並ぶ、美味しそうな色をした煮物。

それなのに、何故だか、食が進まない。ストレスのせいだろう・・。

僕は、過度のストレスがかかっていると、外食が出来なくなる。

お店に行って美味しそうな料理が出ても、受け付けなくなる。

自分では、心の病気だと思っている。そんな時は相当ストレスがかかっているな・・。

と自覚する。信号のような物だと安易にうまく付合っている。

ストレスがなくなるとフッと消える。そういうものだ。

中学生の頃、体が小さかった為に、部活ではイジメに会い。先生からも因縁をつけられ、

塞ぎ込んで、意地でも学校に行かなかった。

最近、話題になった事件があった学校だ。体質は未だ変わらない。

卒業出来なくなるくらい休み続けた。進学できる高校が無いとも言われた。

その頃からだろうか、こんな病気になってしまったのは。

長い付き合いだ。忘れた頃に現れる。

だから僕の人生において、中学時代は、いい思い出が、これ一つもない。良き友もいない。

よっぽど親には苦労をかけた。わけもわからず死にたいと思った事もあった。

それでも、這い上がって、4年生大学を出て、仕事をしている自分を唯一誇りに思う。

挫折したからって、這い上がれる事を知っている。その道のりが、どんなに険しいかも知っている。

でもそれを助けてくれたのは、高校時代の友人達であると言える。

中学の頃、登校拒否をしすぎたせいで、進学校には行けなかった。

小さな頃から、親の影響で、物を作ることが好きだったという理由とパソコンがやりたいという理由

だけで工業高校を受験して、何故だか受かった。

今では地元では、とても頭が良くないと入れない学校になった。時代が変れば解らないものだ。

当時はそうでもなかった、クラスには、ヤンキーが3、4人。マニアックな今で言う秋葉系の子。

入学して、1週間もしないうちに辞めて行く子。やたらとホラをふいて辞めた行った子。

一つのクラスに、ありとあらゆる個性が交差した。

とにかく飽きなかった。

そんな中でも根が真面目なヤツが集まった。

W君は、機械いじりが得意、まぁなんでも器用にこなす。ラジコンは、大会で優勝するくらいの名選手

エレキギターもとても上手かった。彼の影響でベースギターを始めたのは間違いない。衝撃だった!

楽器との出会い。

F君は、イタズラ好きでとても面白いヤツ、もちろん根は真面目で、とても優しい。

K君は、見た目は結構遊び人でホストにいそうな感じだけど、根は真面目で、思いやりがある。

もう一人のK君は、とても大人しい感じだけど、とても思いやりがある。今回の旅に一緒に来てくれたのは彼だ。

おおおお!気がついたら、話が急に長くなった。

とにかく僕は、紆余曲折の人生なのだと、振り返ったら・・・。

本当、本が書けそう。書こうかなぁ。

遅くなったので今日はこの辺で。なんや?話が見えてきませんでしたが。スイマセン。

書きながら、涙が出てきそうになって、わけわからんくなりました。


c0172200_23475491.jpg

[PR]
by tomo_photolife | 2010-10-15 23:50 | Travel

nara11


奈良は、京都より、なんだか、ゆったりした時間が流れている。

そこが、僕は魅力だと思う。

泊まったゲストハウスの一階には人の集まれるスペースがあって、いろんな本が置いてある。

奈良だけあって仏像の本が多数あり。パラパラめくりながら、ぼ〜〜っと通りを眺めていた。



c0172200_228192.jpg

[PR]
by tomo_photolife | 2010-10-12 22:10 | Travel

nara10



宿は、ゲストハウスにしてみた。

浮かれて高級な宿に泊まる気分ではなかったし、何か人との出会いを期待していたのかもしれない。

外国からのバックパッカーの人達が安く泊まったりできるようになっている。

相部屋、2段ベット、トイレ共同、シャワーも共同。

しかし安い一泊2500円。お風呂は、周辺の銭湯へ行った。

正真正銘の伝統ある銭湯。親から『昔はああだった、こうだった』と聞いていたけど、

実際に行ったのは初めて。番台には、おばちゃんがいて、おばちゃんからは、男と女の更衣室が丸見え。

俺の裸も丸見えか・・・。

テレビで見た感じ。なんかとても新鮮だった。タイムスリップしたみたいな体験。

入れるのかと思うくらい熱い風呂。最近のスーパー銭湯や日帰り温泉のようなサービスは無い。

あ!石鹸無い・・。おばちゃん石鹸下さい!『20円ね!』安!

生活に密着してるって、こういうものか。蛇口も、お湯と水の二種類。

『熱!冷た!』自分の感覚で調節する。蛇口を捻れば適温の現代との違い。

何だか銭湯ひとつで考えさせられた。

c0172200_2382256.jpg

[PR]
by tomo_photolife | 2010-10-10 23:10 | Travel