SpeakLow

デキる人の手帳術

『デキる人の手帳術決定版』 蟹瀬誠一 著

手帳が変れば、『発想』が変る、『行動』が変る、『成果』が変る!

手帳、毎年、会社の出入り業者等から貰って使い始めるのですが・・。どうも続かない。

今年は、自分で一冊買って書く事に決めました。買ったら、使おうという気にもなるし!

最近仕事が立込んで、頭の中では整理が効かなくなった。記憶だけでは・・。と

何気なく見よう見まねで書いてますが。グシャグシャの頭の中が本当整理が効きます!

ペンで書く事が重要なのでしょう。

c0172200_002922.jpg



来年は、また新たな人生を歩む事になりそうです。

本当に辛い、なぜこのようになってしまうのか?わかりません。

前回の話の続きになりますが、奥さんの実家の近くで生活できるようにと新居をさがしていました。

しかし、住む場所を変えたところで戻ってくるのか、正直不安がよぎりました。

新居の入居費用や、引越の見積もりも取っていました。

苗字を変えないと戻らないとも言っていた為に、本当に今後どうしていきたいのか真意を問いたかったのです。

久しぶりに電話をすると、第一声に『なにぃ?』と言われました。もぅその時点で悲しくなりましたが、

グっと堪え、『今後どうするか話がしたいからマンションに出て来れないか?』と伝えると、寒いでとか、

明日友達の結婚式があるのでその準備に忙しいとか・・。行く時間が無いから、電話で話してと言う

ので、『苗字が変えれないと戻らない』と言った事は、今も変わらないのか?と聞くと、

まだ未だに何も解っていないと泣きじゃくり、しまいに『今から自殺して、あなた達家族を呪ってやる』

と言って電話を切られ、尋常の無さに血の気の引く思いで、大急ぎで奥さんの実家へ向かいました。

まったく生きた心地がしませんでした。

着くと、自殺しようとはしていませんでしたが、泣きじゃくり、子供を抱きかかえるおばあさんへ

話をしていて、『誰のせいでこうなっていると思う?』や両親の悪口を散々言われたので

『両親が悪かった、申し訳ない』と言うと言い方が気に入らないと殴りかかってきて、

『慰謝料を請求する』とまで言われ、蹴りかかって。幼い子供がいる前で・・・。

子供は異変に気づき、泣く始末。『もう今日は帰ってくれ!』と親に言われ、

散々な思いで、今日家を後にしました。


『なぜここまでされないと?自殺するまで言って脅され・・。』

子供の為に、離婚するのは良くないと周りは言うけれど

いろいろな方に助言頂きましたが、僕の思いは今日、粉々に崩れました。
[PR]
# by tomo_photolife | 2010-12-19 00:02 | Book